環境と色彩をメインテーマにした富田商店主催の勉強会「月灯りの会」


<< 第60回月灯りの会 情熱・マネジメント研修 伝える編 | main | 第62回 月灯りの会 国・地方自治体の補助金・助成金について >>
第61回 月灯りの会 お金を残す経営
今回の月灯りの会は(株)エフアンドエム 加藤丈侍様を講師にお迎えして、
”若手社長・後継者が学ぶべき、お金を残す経営”を学びました。

売上を変えずに会社にお金を残す3つの方法として
1つ目は、国からもらえる公的支援制度(助成金)を上手く活用できているかです。
助成金だけでも約70種類あり、助成金の事を知らないが為に受給漏れをしている
企業様が多くおり、知っている企業様のみ受給されている状況にあります。

2つ目は、企業様が知らないがためにできていないコストダウン方法があるということです。
コストダウン以外の費用を抑える方法を、実際にあった企業様の例を挙げてご説明くださりました。

3つ目は、財務体制を強化しても万全でなくトラブル時に突発的な出費をしては強化した意味を
成さないということです。
トラブル発生時の出費対策として就業規則の整備が挙げられます。

無知は罪なりという言葉がありますが、このセミナーを学んでその事を思い知らされ、
また時代の変化に合わせて企業も変化していかなければ生き残っていくのは難しいと感じました。
助成金制度があるという事だけでも企業様には、ぜひ知って頂き有効活用して頂ければと思います。


 
| - | 12:15 | comments(0) | -
コメント
コメントする