環境と色彩をメインテーマにした富田商店主催の勉強会「月灯りの会」


<< 第61回 月灯りの会 お金を残す経営 | main | 第63回 月灯りの会 社員のやる気は経営者の叱り方次第! >>
第62回 月灯りの会 国・地方自治体の補助金・助成金について
今回の月灯りの会はエスケー化研株式会社、埼玉営業所の市川所長をお迎えし、
|楼莵場・中小企業等の省エネルギー設備導入補助金について
県内自治体リフォーム助成制度について
エスケープレミアムシリコンについて
の講習会を開催致しました。

 まず「地域工場・中小企業等の省エネルギー設備導入補助金」とは、「地域工場、中小企業などに対し、省エネ設備の導入支援と省エネ投資促進による経済活動の活性化を図るべく、対象事業に補助金を助成」する制度です。
これは我々の塗料業界においては特に「遮熱塗料」が対象となり、つまり、塗装の施工に行政の補助を受けることができるというものです。
当然ながら補助の対象となるには様々な条件をクリアしなければならないのですが、うまく活用できれば多方面に非常に大きなメリットがあります。
そのため本事業は実に好評で、本来の公募期間より7ヶ月も早く募集終了してしまったのですが、今回経済産業省、つまり国による遮熱塗料に対しての助成事業認定は初のことであり、今後地方自治体の動きが活性化する可能性は大いにあります。
 今後の行政の動向に期待し、注視していかなければならない事業であると感じました。

 補助の対象となるためにはJISK5675適合品を使用せねばならず、対象の遮熱塗料の例としてエスケー化研様の屋根用高日射反射率塗料クールタイトシリーズについてのお話も伺いました。
省エネ、おいては環境問題の世界的な流れによってこういった機能性塗料の需要は今後増えていくものと予想されます。
 弊社は「環境に貢献する企業」を掲げておりますので、新人の私もこういったエコロジーな「省エネ塗料」などを学び、お客様へ提案し、微力ながら環境へと貢献していきます。

 弊社営業も講義に真剣に耳を傾けています。

 遮熱塗料は地球環境というマクロな視点だけではなく、家計というミクロな視点から言っても確実な効果のあるものです。
関わった誰もが嬉しいという素晴らしい政策です。是非学び、活用していきましょう。
| 月灯りの会 | 19:00 | comments(0) | -
コメント
コメントする