環境と色彩をメインテーマにした富田商店主催の勉強会「月灯りの会」


<< 第62回 月灯りの会 国・地方自治体の補助金・助成金について | main | 第64回 月灯りの会 ”マイナンバー制度の基礎知識・実務対応策” >>
第63回 月灯りの会 社員のやる気は経営者の叱り方次第!
今回の月灯りの会はデキる部下育ての専門家 自己承認力コンサルタント高山綾子様をお迎えし、
講習会を開催致しました。

初めに叱り方で気をつけていることをオリエンテーションし意見交換をしました。


頭ごなしに叱ったり、感情的にならないように等様々な意見がありました。
 
そして叱り方の理想は
 
叱る+褒める+褒める=やる気+関係性が良くなる(デキる人として扱う)
 
また『もったいない』を活用するのが良いとのことです。
 
社員の仕事が遅い、要領悪い人には
『いつも元気でお客様に好かれているA君が納期を守らないと信用がなくなるからもったいないよ』や
『信用無くすともったいないからどうやったら守れるか考えてみて、A君なら出来ると私は思う』等
叱る+褒めて+褒めてと社員のやる気に繋がります。
 
ちなみに『君なら出来る』というよりも『君なら出来ると私は思う』の方がプレッシャーも感じずに良い言い方と聞きなるほどと感じました。
 
また意見が対立したときは『共感』することが重要です。
例として
「今の担当先とは会わないから変更して欲しい」と社員に言われた場合には
 
「あなたはこんな気持ちなんですね。ただ会社の都合でそれは難しいよ。」
 
頭ごなしに担当変更は無理というのでは無く、初めに社員の気持ちを理解してることを伝えます。
つまりは一旦受け入れてから自分の意見を言う。

それだけで社員のやる気が全く違うということを知りました。
今回の講習では日ごろ社員教育に熱心な経営者の方々にとっても、部下の教育をする弊社社員にとっても貴重なセミナーでした。

 


講習会後は暑い夏に向けて暑気払いをソーセージバルSAULに場所を移し高山講師もご一緒に懇親会を開催しました。



 
| - | 17:00 | comments(0) | -
コメント
コメントする