環境と色彩をメインテーマにした富田商店主催の勉強会「月灯りの会」


<< 第72回月灯りの会 『現場で役立つ色彩活用術』 | main | 第74回月灯りの会 瓦屋根塗装について >>
第73回月灯りの会 『赤外線サーモグラフィー実施活用法』

本日の月灯りの会は蠡臘雄毛高吉様、螢謄好函疾亞ネ佑裡果召鬚鮃峪佞砲迎えし、
赤外線サーモグラフィー実施活用法講義して頂きました。


年2〜300個程サーモグラフィーは全国に販売されており
特徴としましては目で見てもわからない漏水調査がサーモグラフィーならすぐわかります。




サーモグラフィーを使うことにより見逃しが無くなりお客様への案内がしやすく
漏水の原因が説明しやすくなります。
また暗視状態でも確認はできるのも特徴の一つです。

サーモグラフィーは使ってみると実際どこを撮っているかわからなくなるときがある為
デジカメと併用しなければならず、サーモグラフィーに通常デジカメへ切り替えできる商品もあることを知れました。


難しそう、使いにくそうというイメージもありましたが実際はそれほど難しいものではなく
実際に手に持ち使用してみましたが操作方法は単純に使用するだけなら誰にでも使いやすいものでした。

ご参加頂いた会員の方の中には実際に商品興味持って頂けました。

サーモグラフィーはどんな現場であっても役に立つ商品なので是非興味を持って頂けたなら使って頂きたいと感じました。
 
| - | 14:57 | comments(0) | -
コメント
コメントする